発達障害の子供の「片付けられない!」の原因は?対策も知りたい!

なんでうちの子は机の上がいつもぐちゃぐちゃなの!?

片付けをしよう!といっても全然片付けしてくれない!

そんな悩みありますよね。

なぜ片付けられないの?原因別の克服法
片付ける習慣がない

そもそも片付ける習慣がないと片付けられません。

片付ける習慣がない原因としては

  • 親が片付けてしまう
  • 部屋が常に散らかっている

というものがあります。

親が片付けてしまう一番の理由は

「言っても子供が片付けようとしないから」

というものが多いのではないでしょうか。

 

いつまでも親が片付けてしまうと、

子供に「片付ける」という概念が育ちません。

寝る前に片付けるというルール作り

ご飯の前に片付けるというルール作り

をして、片付けさせる習慣をつけましょう。

興味が移ってしまう

片付けている時に興味が移ってしまうのも

片付けられない子供の特徴の一つ。

そんな時には「制限時間」をつけて子供に片付けさせることも有効です。

制限時間をつけることによって、

子供の興味が移った時に

「あと〇〇秒だよ!」と声がけできますよ。

 

また、お母さんと競争でもいいですね。

「お母さんがご飯作るのと、〇〇ちゃんが片付けるのと、どちらが早いかな?」

といってゲーム性を持たせると子供の興味が移りにくくなります。

 

私も学童の指導員をやっていて、この方法はよく使います。

私の場合は「10秒以内に片付けようゲーム」をよくやっています。

最初に「まあ、10秒以内は無理だろうなー」と子供の対抗心をあおげば、

大抵子供は残り3秒くらいで片付け終わります。

そしたら、「はやっ」とオーバーに驚いてあげて子供に達成感を持ってもらうようにしています。

 

逆にどうしても片付けるのが遅い場合は、数えるテンポを「ろーーーーーーく、ごーーーーお」

と遅くし子供が必ず制限時間内に片付けられるようにします。

どちらにしても子供の達成感を与え、「片付け=楽しい」という認識を子供に与えるようにしています。

 

ものの場所が決まっていない

子供が片付けたい!と思っても

片付ける場所が決まっていない。

片付ける場所が毎回変わる

と、子供が自分から片付けることができません。

なので、おもちゃや本の定位置を示してあげましょう。

最新情報をチェックしよう!