こどもが宿題に集中するための3種の神器:やさしい子育て

子育て子ども, 長期休暇

環境を整えることで子どもが宿題に集中してとりくめる事例をぼくはたくさん見てきました。

「宿題しなさい!!」「あと5分経ったら、、、」
「5分経ったでしょ!やりなさい!」
「イヤだ!!!もう眠い!!!」

こんなやり取り、すごく疲れますよね。

ぼくも小学生の年が離れた弟がいるのですが、環境を整えてあげることで今では自分で宿題をします。

施設の子にもちょっとした環境整備で見違えるほど宿題をするようになり、驚いたことも。

環境整備、あなどることなかれ。ちょっとした出費で、子供も大人も楽しく生活ができるってすばらしい。

シェアしてまた後でよむ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

目次

宿題ができない原因

「宿題をしない」といっても、子供の状態や環境によって、理由はさまざまです。

その理由を探るときには、ぼくは「観察」と「分析」をしています。

いっしょにしてみましょう。

1.まずは、こどもが宿題をしている姿を頭のなかで振り返ってみてください。

2.子どもはいつも宿題を嫌がりますか?それとも、やる気に波がありますか?

⇒いつも嫌がる子は「見通し」が建てられていないのかも、、、

3.やる気に波がある子の場合は、どんな状況のときにやる気があって、どんな状況のときに嫌がりますか??
たとえば、、、「朝だったらやるが、夜はいやがる」「国語は嫌がるが、算数はどんどんやる」など

⇒国語がイヤ!は文章が読みづらくて、ほかの子よりも負担になっている可能性が、、、

4.いつも宿題を嫌がる子に対しては、どんな言葉かけをしていますか?
宿題の数や宿題に取り組む時間、取り掛かる時間を子供と決めていますか?

⇒見通しをもった声掛けや計画で、子どもの「やらされている」という感覚をとっていきましょう。

いかがでしたか?

これから、宿題を自分からできない子に多い悩み別に対策を立てていきますね。

悩みがわからない!という方へ

正直、ぼくも子供と接していて、理由がわからないこともあります。

そんな時はどうするか?それはなんでも試してみることです!!

試すことによって原因がわかることも多いんです。

教材はお手頃な価格のものも多いので、なんでも買って試してみてください。失敗してもOK!

例えば、文章が追いづらい子に「リーディングルーラー」をやってみた結果、それで宿題をやるようになったら、
理由は目の使い方、文章の追い方が問題だとわかります。

でも失敗しても、「目の使い方に問題はなさそう!」とわかるわけですね。

そうしたら、また別の方法を試していけばいいんです。
たくさん失敗して子どものことをわかっていってあげましょう!大丈夫です!

見通しがもちづらい子は、宿題の計画づくり

見通しが持ちづらいと、宿題やる気がなくなってしまいます。

子どもは終わりが見えないと「え~、どこまでやったら今日終わりなんだよ」「まだまだある~」とやる気を失ってしまいます。

本当はその計画も自分で立てられるようになればいいのですが、、、、

まだまだそれは無理!な子どもには、親が計画を立ててあげましょう!

お母さんも最初はちょっと大変ですが、後から楽になります!

よくうちの施設に来ている子の親御さんは「ふせん」をつかっています。

今日はここまでやるんだよ!と「ふせん」を宿題のページに貼っておくんですね。

ふせんが貼ってある子とない子ではやっぱり取り組みやすさが全然違います。

ぜひやってみてください!

 

すぐに集中が切れてしまう子には「時間が見える」タイマー

 

子供がすぐ意識がほかに行ってしまうのは「楽しくないから!」そんな子にはゲーム感覚で宿題に取り組んで集中力を引き出してあげましょう。

ぼくがよく使うのがタイマーです。

時間設定をして、このタイマーなるまでにがんばろうね!と宿題にとりくませます。

ちょっと意識がほかに行きそうなら、大げさに「あーーー!!!あと何分だーーやばい!」と子供にいうと、子供もハッとしてまた取り組んでくれます。

タイマーはキッチンタイめーでもOKですが、時間というのは子どもに難しく理解しづらいです。そのような子にもおすすめなのが、「時間が見える」タイマーです。

時間を教える際にもすごく使えるので、おすすめです!

ほかの音や景色に目が移りがちな子には、ついたて!

うちの教室は、たくさんの子が来ているので、正直うるさいときもよくあります。

そしてうるさいので、なかなか勉強に集中できない子供もたくさんいました。

そんな時に、導入したのが個別スペースのある学習机です。

これを導入してから、勉強に集中する!集中する! ぼくもそこで仕事してみたんですが、ついたてがあるだけなんですが、音がサーっと引いていくように静かに感じました。

まあ、勉強以外は、つくえ下のスペースがなんか落ち着けるみたいで、パニックになった子はそこに隠れて休んでいたりもします。

家庭だと、新しく学習机を買うなんて無理だとおもうので、ついたてはどうでしょうか??

こんな便利なものもあるんですね!

値段も手ごろなので、ぜひ買ってみてください。

「宿題やらない~」「やらない~」ではなく、親や支援者が「こうしたらどうだろう?」と仮説をたてて、とにかく行動あるのみです!

 

国語はやりたくない!子には魔法の定規

教科書の文章を読むのが苦手!という子は、

文章を目で追いづらい、文章が隣の文章と重なってしまう、行を飛ばしてしまうなど、

目の使い方に問題があります。

目のトレーニングをすることが長期的には大切ですが、とりあえずの対策としては、

リーディングルーラーという文章を読むための定規を使う方法があります。

これで、文章が追いやすくなって、文章を読むことが苦痛でなくなる。

そして自分から宿題ができるようになることがねらいですね!

今回紹介したものは、学習机を除いて、全部揃えても1万円以下です。
子供も宿題に集中できずに苦しんでいます。それを解決してあげるために、

とにかくなんでも試してみること!

これが大切です。

これで夏休みの親子関係が楽しいものになってくれればぼくは本望です。

クリックして応援!

当サイトは子育てと教育のユニバーサルデザイン化を推進します。

<教育のユニバーサルデザイン化>

発達障がい児やグレーゾーンの子が理解しやすい!は、障害のない子どもにもわかりやすい!

関連記事は下部に!!

 

Posted by ミトメミノル