座って勉強できない?立ってしてもいいんだよ!:優しい子育て

2018年8月5日子育てしつけ, 子ども, 教育と療育

「椅子に座ってもすぐにたってしまう!」

「机で勉強しない!」

という悩みありませんか??

その悩み、すごくわかります。

家では座って勉強しない。学校でどうしてるんだろう??

学校で立ち歩くと注意された!

こればっかり言われると、子どもも勉強嫌いになってしまいますよね。

そして、立っちゃう子どもは座って勉強すると集中できません。

だから、立って勉強したっていいんです。

学校でそれが認められなければ、せめて家だけでも!

シェアしてまた後でよむ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

なんで座って勉強しなきゃいけないの??

タイトル通り、なんで座って勉強しなきゃいけないの?

この疑問、ぼくはうまく答えられません。

お母さんはどうですか?

こんな風に、なんとなくそうしなきゃいけないものって、実はただの慣例だとか通例だったりするだけなんです。

座らせることが目的なんじゃない!!

子どもが勉強すればいいんです。

立ったって、寝っ転がったって、勉強すればいいんです!!

いまは立ったほうが集中できると、立ってオフィスワークをしている会社もあるんです。

かのグーグルのようにバランスボールに座って勉強したっていいんです!
(ちなみにバランスボールでの勉強は、わりと集中できますよ。)

座らせることに目的を置いていたら、子どももお母さんも変なところで疲れちゃいますよ!

なんで立っちゃうのか。

タイトルとは違いますが、気になりますよね。

立っちゃう原因としては、さまざまですが、体の発達がまだ不十分だからという理由が大きいです。

体の発達がまだ不十分だと、座って姿勢を維持することが難しいんですね。

あとは、発達が不十分だと刺激を追い求める傾向があります。

つまり、姿勢を維持していると体がうける刺激が少なくなってくるので、動くことによって体に刺激を与えている。

ということです。

つまり、まだ体の発達が不十分な状態(刺激が欲しくて動いちゃう状態)でむりやり座って勉強したって集中できるはずがないんです。

それって、本末転倒。もともとの「勉強する」という目的を見失っちゃってますよ!

だから、しっかりと座って集中できるまでは、立って勉強OK! そのかわりにしっかりといろいろな運動をさせて体の発達を促してあげる。

それでいいいんです。

お母さん、大丈夫!!

クリックして応援!

フォローして応援

当サイトは子育てと教育のユニバーサルデザイン化を推進します。

<教育のユニバーサルデザイン化>

発達障がい児やグレーゾーンの子が理解しやすい!は、障害のない子どもにもわかりやすい!

関連記事は下部に!!

Posted by ミトメミノル